酒の種類

特定名称酒と普通酒
大吟醸酒
精米歩合50%以下の米と、米こうじ、醸造アルコールを原料として、吟醸作りされたお酒で、固有の香味および色沢が良好なもの。

純米大吟醸酒
精米歩合50%以下の米と、米こうじを原料として、吟醸作りされたお酒で、固有の香味および色沢が良好なもの。

吟醸酒
精米歩合60%以下の米と、米こうじ、醸造アルコールを原料として、吟醸作りされたお酒で、固有の香味および色沢が良好なもの。

純米吟醸酒
精米歩合60%以下の米と、米こうじを原料として、吟醸作りされたお酒で、固有の香味および色沢が良好なもの。

特別純米酒
精米歩合70%以下の米と、米こうじを原料として作られたお酒で、固有の香味および色沢が特に良好なもの。

純米酒
精米歩合70%以下の米と、米こうじを原料として作られたお酒で、固有の香味および色沢が良好なもの。

特別本醸造酒
精米歩合70%以下の米と、米こうじ、醸造アルコールを原料として作られたお酒で、固有の香味および色沢が特に良好なもの。

本醸造酒
精米歩合70%以下の米と、米こうじ、醸造アルコールを原料として作られたお酒で、固有の香味および色沢が良好なもの。

普通酒
上記の基準にあてはまらないすべてのお酒。


その他の分類
生酒
お酒は貯蔵する前と瓶詰めする前の二度火入れ(加熱殺菌処理)するのがふつうだが、いっさい火入れしないお酒を生酒という。米本来の旨みは乗りにくいが、酵母が生きているため、香り高くとみずみずしい味が特長。

生貯蔵酒
火入れ(加熱殺菌)しないまま貯蔵し、出荷前に火入れしたお酒。香りは控えめで軽快な飲み口が特長。

生詰酒(なまつめしゅ)
火入れ(加熱殺菌)してから貯蔵し、出荷前は火入れしないお酒。味が練られ、みずみずしいなかにも落ち着いたまろやかさが特徴。(春先に火入れ貯蔵し、秋に入って火を入れず冷やのまま樽詰されたお酒を、古くから「ひやおろし」と呼んでいる。)

原酒
水で割っていないお酒。アルコール度数が高く、濃厚な味が特長。通常の市販酒は、醗酵完了後に水を加え(加水調整)、アルコール度を下げて売られている。

古酒
醸造年度を超えて1年以上熟成させたお酒。

にごり酒
醗酵が完了する直前の醪(もろみ)をそのまま荒濾ししたお酒。

貴醸酒
仕込み水の代わりにお酒を使って仕込んだお酒。昭和五十年に国税庁醸造試験場で開発された。普通のお酒に比べ、糖分が2〜3倍、有機酸が2倍、アミノ酸が1.5倍以上となり、トロリとしたコクが特徴。



お酒の種類 ワインQ&A 酒Q&A